うつ病とは

精神疾患の代表例がうつ病です。
日本人の生涯有病率は15%といわれていて、決して特別な病気ではありません。
うつ病は「心の風邪」とも表現されますが、心のエネルギーが枯れてしまっている状態です。

 

うつ病は、興味や喜びの感情が喪失することが最も大きな特徴です。
多くの人が日常生活の中で、憂うつ、気が滅入る、悲しいなどの「抑うつ気分」と、考えがまとまらない、何もかもが億劫になるなどの精神運動抑制や、頭痛、肩こり、食欲不振などの身体症状は現れた「抑うつ状態」を経験します。
ほとんどの場合は、2〜3日で治まってきますが、うつ病になると、うつ状態が長引いたり、落ち込みが2週間以上も長く続いたりします。

うつ病の症状

うつ病は、最初は不眠、食欲不振、疲労、倦怠感といった症状が高い頻度で現れます。
その後、次第に趣味や仕事に対して気力がなくなり、何もする気になれないといった状態になっていきます。
こうした身体症状が自覚されるために、本人は心の病気であると認識しにくい面があります。

 

うつ病のおもな症状には、次のようなものがあります。

 

身体症状
前記にあげたものの他に、頭重感や頭痛、肩こり、口渇、胸部圧迫感、心悸亢進、腹部膨満感、腹痛、四肢の痛みやしびれ、知覚異常などがあります。中でも、意欲や気力といった精神症状があまり目につかないで、身体症状だけが目立って現れるうつ病があり、それを「仮面うつ病」と言います。

 

 

精神症状
憂うつ、元気がなり、不安、気分の落ち込む、無気力、無関心、意欲や集中力。
決断力の低下などがあります。
無気力や無関心といった症状は、出勤困難などに陥る場合があります。

 

これらの症状は一日の中で変動があり、朝から午前中にかけて特に気分が重く、その後は夜に向かって徐々に改善していきます。
こうした症状は、本人よりも周りの人達が気づきやすいことが多いです。
例えば、「付き合いが悪くなった」「好きな野球の話をしない」「いつも読んでいる新聞を読まなくなった」など、うつ病の影が頻繁に行動に現れるようになったら、それは注意信号です。
重症化すると、自殺願望も出現します。
これは、自己叱責が強くなり、じっとしていられなくなるからだと言われています。

自殺予防の10カ条

@うつ病の症状に気を付ける
 気分が沈む、自分を責める、仕事の能率が落ちる、決断ができない、
 不眠が続く
A原因不明の身体不調が長引く
B酒量が増える
C安全や健康が保てない
D仕事の負担が急に増える、大きな失敗をする、職を失う。
E職場や家庭でサポートが得られない
F本人にとって価値のあるものを失う
 職、地位、家族、財産
G重症の身体の病気にかかる
H自殺を口にする
I自殺未遂に及ぶ

うつ病になりやすいのはこんな人

うつ病の発症は、本人の性格が関係するといわれていますが、ほとんどの場合は、性格と環境の相互作用によって起こっています。
うつ病になりやすい性格がベースとなり、そこにストレス要因が加わることで発症しやすくなります。

 

性格的要因
性格の傾向は、
@仕事熱心(真面目で几帳面、堅実、頑張り屋)
A責任感が強い(誠実で律儀、凝り性、勤勉家)
Bよい人(優しく、親切、善良、人付き合いがよい)
が挙げられます。

 

こうした人は、周囲からは信頼も厚くて、職場では必要とされる人物です。

 

しかし、責任感が強くて、過度に周囲に気配りをする人は、良好な人間関係を保つために嫌だと感じても、それを顔に出さずにいます。
そのため、人間関係が上手くいかなくなり喪失感を感じると、抑うつ的になることがあり、それらを心に長く閉じ込めたり、
増幅させることが多く、抑うつ状態から抜け出せないことがあります。

 

この他に、CタイプA(A型行動パターン)があります。
これは、その性格行動を示す呼び名で、特徴としては、心にゆとりがなり、同時にいくつもの仕事をこなす、時間に追い立てられる、競争心が強い、攻撃的で敵意をもちやすい、強い上昇志向などがあります。

 

一見するとストレスと無縁のようですが、自分がストレス状況にあることに気付かないで、仕事が停滞したり、成果が見えないときに、うつ状態になりやすいです。

 

自己評価が上手くできずに、他人の評価を気にして、組織の中で自分が政党に評価されていないと感じる人も、満たされない重いが強く、うつ病に要注意です。

 

 

環境的要因
うつ病を発症するきっかけになりやすいのが環境の変化です。
一般的には、結婚、出産、配偶者との離別といったタイフ・イベントが挙げられます。
労働環境では、自分の価値があると考える職場内の変化が一番強く影響します。
人事異動や組織の再編成によって、慣れ親しんだ環境が変化して、仕事の適正や新たな人間関係を築くことが、思った以上に大きなストレスになります。
また、過重労働による疲労も大きな要因となります。