メンタルヘルス対策の指針「4つのケア」

06年、厚生労働省により「藤堂社の心の健康の保持増進のための指針」が策定されて、これが現在行われている職場でのメンタルヘルス対策の基本となっています。

 

職場で組織的にメンタルヘルスを進めるには、「4つのケア」が重要だとされています。

 

  1. セルフケア

    労働者自身がストレスに気付き、それに対処する

  2. ラインによるケア

    職場の管理監督者が、職場環境などの把握・改善、労働者からの個別の相談に対応する

  3. 事業場内産業保健スタッフ等によるケア

    産業医や保健師、人事労務担当者などが、セルフケアとラインによるケアへの支援、職場の実態把握、管理監督者の教育・研修を行う

  4. 事業場外資源によるケア

    医療機関や地域産業保健センター、労災病院勤務者メンタルヘルスセンターなどの外部資源による、直接サービスの提供、支援サービスの提供、ネットワークへの参加など