看護師という職業柄、どうしても生活パターンが崩れてしまいがち。
夜勤にあたると、まともに休憩が取れなかったり、
食事の時間や回数も不規則で、栄養バランスも悪いと
肌も体もボロボロで悩む看護師さんも多いようです。

 

また、病院に勤務されている看護師さんは、病棟の移動などで新しい環境になじめるかどうかなど、ストレスを感じることが多いでしょう。

 

看護師になりたての新米ナースの場合、自分なりに頑張っていてもなかなか認めてもらえず、要領が悪いと特に先輩ナースに小言を言われてへこんだり・・・。
業務が忙しくなると感情的なことを言うタイプの人が先輩や同僚にいると、職場の雰囲気も悪くなるのでかなりのストレスを感じますよね。

 

看護師同士の人間関係だけが、ストレスの原因ではありません。
ドクターのパワハラや患者さんの理不尽な一言、セクハラ・・・。
大きな病院での勤務だと、研修や勉強会など、本来の業務以外にもやることが沢山あって、寝る時間まで削られることもあります。

 

このような職場ですから、場合によっては一気にスタッフが退職してしまい、
残った看護師さんがその穴を埋めるために、さらに過酷なシフトで働くこともあります。

 

患者さんに対して充実したケアを・・・と思っても
自分自身が抱える疲労とストレスのため、なかなか思うようにできないと感じている看護師さんは多いことでしょう。

 

自分自身や同僚が鬱になって、過度なストレスの環境下にあったと気がついてももう遅い!
看護師という職場から見たストレスの原因と対処法についてまとめてみました。
心と体を少しでも軽くするお手伝いができたら嬉しいです。

 

もしも看護師を辞めてしまっても、
今は復職セミナーが充実しているので安心してください♪

更新履歴